共済組合のあらまし共済組合について

職員の安心を支える社会保険制度

共済組合制度は、社会保険制度の一環として、組合員どうしお互いに助け合う制度であり、組合員とその家族の生活の安定と福祉の向上に寄与しています。

病気やケガなどの際に給付を行う短期給付事業、年金給付を行う長期給付事業、健康診断や健康相談、住宅資金の貸付などを行う福祉事業の3事業を行っています。

共済組合の種類

地方公務員の共済組合は、現在、次のように設けられています。

共済組合の種類

共済組合の事業

地方公務員の共済組合は、次の3事業を行っています。

短期給付事業 組合員とその被扶養者の病気・ケガ・出産・死亡・休業又は災害に対して、必要な給付を行う。
長期給付事業 組合員(被保険者)の老齢・退職・障がい又は死亡に対して、年金又は一時金の給付を行う。
福祉事業 組合員とその被扶養者の健康教育、健康相談、健康診査並びに健康管理及び疾病の予防の支援、その他の健康の保持増進のための事業、貸付事業、貯金事業及び物資事業を行う。

共済組合の機関

市町村職員共済組合は、次の3機関により運営されています。

共済組合の機関