特定健診・特定保健指導指定健診機関

受けましたか?今年の特定健診・特定保健指導

ご自身の健康状態を毎年確認し、健康づくりにつなげていくことが重要です。1年に一度、特定健診を受診し、生活習慣の改善が必要な方は、特定保健指導を受けましょう。

特定健診とは

日本人の死亡原因の約6割を占める生活習慣病の予防のために、40歳から74歳までの被扶養者・任意継続組合員の方を対象に、メタボリックシンドロームに着目した健診を行います。

共済組合では、短期人間ドック健診及び生活習慣病予防健診の受診申込みをされなかった方(短期人間ドック健診及び生活習慣病予防健診は、特定健康診査の健診項目を含んでいるため。)に、「特定健康診査受診券」を送付していますので、積極的に受診してください。

共済組合の健診事業の詳細については、こちらをご覧ください。

特定保健指導とは

特定健診の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、専門スタッフ(保健師、管理栄養士など)が生活習慣を見直すサポートをします。

対象となった方には共済組合から特定保健指導利用券を送ります。

特定健診・特定保健指導機関検索はこちら