お金が必要なときライフサイクルと共済組合

臨時に資金を必要とするときに貸付が利用できます

組合員のみなさんが臨時に資金を必要とするときは、その資金について貸付が利用できます。

貸付の種類は、普通貸付のほか、住宅貸付、災害貸付、医療貸付、入学貸付、修学貸付、結婚貸付、出産貸付、葬祭貸付などがあります。

貸付が利用できます

貸付の種類と貸付金利率
種類 年利率
普通貸付 2.66%
住宅貸付 2.66%
在宅介護対応住宅貸付 2.40%
災害 災害家財貸付 2.22%
災害住宅貸付 2.22%
災害再貸付 2.22%
特別 医療貸付 2.66%
入学貸付 2.66%
修学貸付 2.66%
結婚貸付 2.66%
葬祭貸付 2.66%
高額医療貸付 利息なし
出産貸付 利息なし

借受資格

組合員

住宅貸付は組合員期間が1年以上となった日から利用できます。
任意継続組合員には、貸付事業(高額医療貸付・出産貸付を除く)を行っていません。

普通貸付が利用できます

組合員(任意継続組合員を除く)が臨時に生活必需物資(車、家電の購入等)の購入資金を必要とするときは、貸付が利用できます。

貸付限度額

給料月額の6月分(最高限度額200万円)

貸付利率

年利 2.66%

※ 貸付の制限

借入金に対する毎月の返済額が給料月額の30%を超えている場合又は年間の返済額が年間収入額の30%を超えている場合などには、貸付ができません。

提出書類 「貸付申込書」 PDF 例
「借用証書」 PDF 例
「借入状況等申告書」
他の金融機関等から借り入れがある場合は、現在の借入状況及び償還状況を確認できる書類を添付してください。
PDF 例
«添付書類»
「印鑑登録証明書」
「見積書(原本)」又は「契約書(写)」等の借入額を確認できる書類
いつまでに 毎月10日(共済組合必着)
10日が土、日、祝日にあたるときは、直前の営業日必着
提出先 所属所の共済事務担当課

貸付金の交付

月末に借受人の届出ている「給付金等受取金融機関」に送金します。

返済方法

元利均等方式で、毎月の給料と期末手当等からの控除になります。

返済額は借入額に応じて決まっています。こちらをご覧ください。


貸付金の返済途中で借受人が死亡又は高度障がいの状態になったときに備える団体信用生命保険事業を行っています。詳しくは、こちらをご覧ください。